バックナンバー(もっと見る)

2015年08月号 vol.5

巻きたばこブランドのGUNDAM。それを日本で流通、販売するのが東京、恵比...

2015年07月号 vol.4

たまに発行するザ・活字のコーナー。毎回あらゆる人に日頃考えてる思想や、出来...

ブラフマガジン

2016年03月号 vol.8

DJ CASIN&DJ KENCHYインタビュー 前半

2016年03月18日 23:34 by HAC
 
BRAHMA WORKSを通じて様々な方と出会った中で仙台のDJ Casin、DJ Kenchyというアーティストがいる。そして先日彼からリリースするmixシリーズの『Mellow Mellow,Right On』のvol3が発売された。
このコンセプトは『ひたすらメロウな国産音源オンリーMIX』
毎回素晴らしい内容でGOOD MUSICを届けてくれる彼らにインタビューを試みた。
 

まずMellow Mellow, Right On 3
をリリースされた訳ですが、 このシリーズのコンセプトを聞かして下さい。

DJCASIN(以下C)

端的なコンセプトとしては、

「メロウな国産音源のみを使用したMIX」
ということになります。

Kenchy君が「夏用のメロウなMIXを二人で作りませんか? 」
って提案してくれたことが、そもそものきっかけで、
それを受けて、自分が「であれば、そのテーマを国産音源に絞って やりたいね。」
ってレスして形になったような気がするけど、この記憶でいいんだ っけ?


DJKENCHY(以下K)

そうですね。vol.1・2と2回、夏にリリースして、 3はGIFT REMIX 2(https://sleeprecords.stores. jp/items/ 5630c2f5be6be38be7002b15) のリリースと重なりそうだったので、 じゃー冬用にしようか、という感じです。
2人で40分ずつのミックスは、これで5回目だと思いますが、毎回お互いの引き出しの探り合いみたいで楽しいです。
mellowmellow righton vol1と2
 自分のDJのスタイルは(心がけている事)?
C

うーん、念頭に置いているのは、好きなものを、 あまり平坦にならないようプレイする、ということですかね。

K

フォーマットに拘らず、好きな曲をかける事です。 アナログがベストですが、 最近はデータのみリリースの曲が多いので、 SERATOも使ってます。あとは、 スクラッチや二枚使いで変化をつけて構成していく事ですね。

ではDJKENCHY君に質問なんですが何故CASIN君とやりたいと思ったのですか?

K
カシンさんとはメロウシリーズの前にも2作スプリット作品を作 っていたので信頼してるし、 同じテーマでも違った切り口のミックスができるなと思っていたの で。 あとは単純に自分で夏に聞くミックスが欲しかったのもあります( 笑)。

なるほど。ではCASIN君がその話を持ちかけられた時の気持ちは?DJ KENCHY君の印象など聞かせていただければ。

C
話を持ちかけられたのが、確か5月の連休前後だったので、 そこから夏にリリースとなると、 かなりタイトだなって思っていました。 基本的にはゆとりを持って作るタイプなので、 ちゃんとリリースできるクオリティーのものを短時間で作れるか不 安だったということもあり、とりあえず着手してみるけど、 間に合わなかったらごめんね、と最初に言い訳をしときました。 ただ、 着手してみたら思った以上に手応えのあるMIXが割と短時間でで きたので、すぐにKenchy君に送ったらびっくりしていましたね。
 
 
この間このMIXをかけて嫁の母を車に載せた時、 こんなカフェで流れるようなおしゃれな音楽聞くの? と驚かれました。逆に僕が驚いたんですけどね 笑
その位年齢、性別に関係なく伝わるHIPHOPの楽曲、 そしてそのジャンルの枠に捕われない気持ちいいCHILL MUSIC,GOOD MUSICをこのシリーズでは毎回届けてくれていると思うんですが、 毎回相手のMIXがあがってきた時に聞いてどんな印象を感じますか?お互いが思うDJKENCHYらしさ、 DJCASINらしさを少し聞かしてもらえませんか? 
 
C
Kenchy君のMIXを聴いている際、Hip Hopを聴き始めた頃のMIX TAPEに触れているような感覚によく陥ります。
要は、知らない曲との出会いや、知っている曲の使い方、この曲はあのアーティストの曲?
などというMIX本来の多角的な楽しみを味わえるということです 。
お互い掘る範囲や好みの音に共通する部分もありますが、
同じ箇所を攻めたくない、 という意識も共通してるのではないでしょうか。
なので毎回作るのが、相手のMIXを聴くのが楽しみです。
Kenchy君と作るMIXは、ご指摘の通りなるべく壁をぶち抜いて、風通しを良くはしているけど、 芯としてのHip Hopに重きを置いている感覚で作っているかもしれません。
 
K
CASINさんのミックスの印象は自分の世界があるな〜といつも思います。所謂、カシンワールドってやつです。 自分には出来ない選曲&ミックスなので、良い刺激を受けてます。 このシリーズはCASINさんが前半で自分が後半と決まっている ので、 自分はCASINさんのミックスを聞いてから選曲して製作しています。
 それで前半が完成次第、CASINさんから送られてきます。それがかなり早くて毎回驚きますが…(笑)。聞いてみてスゲーな〜と思う反面、やっぱり負けたくないな〜、って気持ちがあるので自ずと力が入りますね。
 

関連記事

DJ CASIN&DJ KENCHYインタビュー 後半

2016年03月号 vol.8

GANDUM 下村氏 インタビュー

2015年08月号 vol.5

タバコマニア 坂本氏 インタビュー 後編

2015年06月号 vol.2

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2015年08月号 vol.5

巻きたばこブランドのGUNDAM。それを日本で流通、販売するのが東京、恵比...

2015年07月号 vol.4

たまに発行するザ・活字のコーナー。毎回あらゆる人に日頃考えてる思想や、出来...