バックナンバー(もっと見る)

2015年08月号 vol.5

巻きたばこブランドのGUNDAM。それを日本で流通、販売するのが東京、恵比...

2015年07月号 vol.4

たまに発行するザ・活字のコーナー。毎回あらゆる人に日頃考えてる思想や、出来...

ブラフマガジン

2016年03月号 vol.8

DJ CASIN&DJ KENCHYインタビュー 後半

2016年03月21日 21:03 by HAC
BRAHMA WORKSを通じて様々な方と出会った中で仙台のDJ Casin、DJ Kenchyというアーティストがいる。そして先日彼からリリースするmixシリーズの『Mellow Mellow,Right On』のvol3が発売された。
このコンセプトは『ひたすらメロウな国産音源オンリーMIX』
毎回素晴らしい内容でGOOD MUSICを届けてくれる彼らにインタビューを試みた内容の後半。
 
 
 
DJ CASINサイドではインストは勿論、 RAPの作品を織り交ぜた印象が強い、それは普段DJ CASINが今までリリースしてきた自身のトラックを様々なアー ティストとの化学反応を試したBLEND MIX作品のスタイルが現れているような気がする。
そしてメローといえど、 その選曲は多種多様だが一貫としてブレがない、まるで80s~' 90sスパイスa.k.a DJCASINフィルターを通したものがコンパイルされている。

DJKENCHYサイドでは自身もDMCなどに参加する程のター ンテーブリストでありながら毎回随所にそのスキルをサラッと組み 込んでくる、作風を崩さない細かいスクラッチ、 カットインスキルがこの作品がいかに選曲に重きを置いているかが 伝わってくる。
そして毎回POPアーティスト(表現間違っていたらすいません) の作品が織り交ぜられているのが印象的。 それは代表作を選曲するのではなくむしろグルーブを意識した楽曲 を選曲し毎回ニヤリとさせられる。
これは誰の曲か?とリスナーの探究心をくすぐられてしまう。 まさにDJ KENCHYの術中に心地よくはまってしまう。
 
このシリーズの今後リリース予定は?今後の製作予定は?
K 
自分とCASINさんに加えてdj masashiさん、DJ HI-ROCKさん、DJ G-COの5人でGIFT GIMMICK DJsとしても活動しています。 その5人で作っているミックスCDシリーズ「in the mix」のvol.4が春先くらいにリリースされます。
 それと仙台出身のビートメイカーの曲をGAGLEのDJ Mu-Rさんがミックスした「Beatmaking Squad」 が松竹梅レコーズから4/23にリリースされるんですが、 CASINさん、HI- ROCKさんと自分の3人がビートを提供しています。https ://t.co/nCYcx1rlGY

俺個人は今から考えます(笑)。
あっ、メロウシリーズはたぶん、また冬に出します。 CASINさん補足あったらお願いします。

C
えーと、その他の個人の予定としては、
某アーティストのリミックスを数曲作ったので、 それが何らかの形で今後発表されるのかな、ということと、 waikiki championsというバンドをやっているMorio Kamada君とのユニット「Steven's( スティーブンズ)」 として作り続けてきた曲もそこそこ貯まってきたので、 こちらも何らかの形で発表できれば、と思っています。先の「 Beatmaking Squad」でもSteven' sで1曲提供させていただきました。
あとは、個人名義でのMIX CDを夏あたりに、 Mellowシリーズも年末にリリースする予定ではいます。
その他にも何となく作り進めているモノはありますが、 30代も半ばになると仕事や家庭等で20代の頃よりも予定が狂う ことが多くあったりするので、 あまり未確定なことは迂闊に言わないようにしときますね。 こういったところも30半ばの老獪さってことで。

現在の仙台のシーンを少し教えて下さい。
C
個人的にはあまり、「シーン」というものに対し、 積極的にコミットしたり、熟考したり、ということが希薄なので、 適切なことは明言できかねちゃいますが、ちょうど(?) さっきから話に出ている「Beatmaking Squad」 にてシーンの一部を垣間見ることもできるのではないでしょうか。
あとは、ここ何年かでクラブの閉店が相次いでいますので、 イベントをどこでどのように開催するか、 という部分で迷われている方も少なからずいるようです。
形はどうあれ、あまり露骨な下心や結果に囚われず、 やり続けることに意義があると思って活動・制作をしています。
まっ好きだからやめられないんだけど。
あまりまとまりがない気がするので、 Kenchy君の見解も聞かせてもらっていい?

K
自分も今は仕事の関係で山形在住なので、 事細かには把握出来てないかもしれませんが…。
昨年で言えば、三軒のクラブが閉店しました。その分、 新しくオープンするクラブがあったり、 DJ出来るBARが増えたり、6th Generationさんのアルバムリリースだったり明るい話 題もありました。長い目で見ればどこの地域だって良い時期もあれ ば悪い時期もあると思います。その都度、 一喜一憂しちゃうのは分かりますが、 環境が変わってもやりたい人はやりますよね。 CASINさんと良く言ってるのは、 俺らはここまで続けてきたから、ずっとやるんじゃないかなって( 笑)。
 
C
うん、もはや辞め時を完全に見失ったよね(笑)。
 
今回取り上げさしてもらった作品は以下から購入出来ます。
Sleep Records  https://sleeprecords.stores.jp/
 
DJ Casin

ファッションも重要だ、否定しない。しかし、 アイツが1枚5800円の新作Tシャツを一喜一憂しながら選んで いる間に、DJ CASINは数枚のレコードを買い、 数パターンのルーティーンを思いついている。 いかにその瞬間を楽しむかを大切にし、 いつだって最高の状態を欲深に追い求めている。 HIPHOPという財産を大事にしつつも、 独自の地に足ついてない音楽観を利用して様々なジャンルをビート 、もしくはメロディーで渡り歩く、そんなスタイル。 主なリリース作品は変幻自在のMIXスタイルが堪能できるMIX シリーズ「EXCUSE ME」、環ROYとの共作BLEND MIX 「BLEND POP」、 近年日本語ラップクラシックスのアカペラを使用したBLEND MIX「BLEND NUBIAN」等々多数。また、トラックメイカーとしては、 オールインスト作の1stアルバム「One,Next」 を2012年に、ブートレッグ REMIXシリーズ「Gift Remix」を継続リリース。 仙台在住。
 

DJ KENCHY 

仙台出身のHIP HOP DJ & Beat Maker。2006年にGIFT GIMMICKへ加入、2008年にはSOUP LABOに立ち上げメンバーとして参加(現在は共に不定期開催) 。2011年から2013年はCLUB ADDで行われていたSOUND MANEUVERSにレギュラー参加を経験。 アナログとデジタルを使い分け、 スクラッチと2枚使いを駆使して、かけたい音をかけるスタイル。 また、2013年から同郷の仲間とアパレルブランド、PAD& PENを始動させた。 
BLOG :  http://kenchy.blogspot.jp/  
twitter : http://twitter.com/kenchy1038


関連記事

DJ CASIN&DJ KENCHYインタビュー 前半

2016年03月号 vol.8

GANDUM 下村氏 インタビュー

2015年08月号 vol.5

タバコマニア 坂本氏 インタビュー 後編

2015年06月号 vol.2

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2015年08月号 vol.5

巻きたばこブランドのGUNDAM。それを日本で流通、販売するのが東京、恵比...

2015年07月号 vol.4

たまに発行するザ・活字のコーナー。毎回あらゆる人に日頃考えてる思想や、出来...